簡単解説!わかりやすいFXブログ

誰でも簡単にできるFX投資で稼いちゃおう!!

★XMホームページ

★XMリアルFX取引口座を開設する

★XM取引口座タイプ

★ZeroスプレッドFX口座

★MT4プラットフォーム

★デモ口座を開設する

★プロモーションとボーナス

★FXセミナー

★詳細

カタルーニャの独立投票での衝突でユーロ安・米ドル上昇

f:id:s332k5322ks19741229:20171003125148p:plain

USD-JPYチャート 日足チャート 2017/10/03

f:id:s332k5322ks19741229:20171003125208p:plain

各為替チャート 日足チャート 2017/10/03

●XMの最新ニュース

●経済指標の話

新築住宅販売件数

重要度 ★★★☆☆

発表日 下旬

発表機関 商務省センサス局

販売された新築住宅の署名ベースでの件数

景気動向と関連が深く、先行指標としても重要

金融政策変更時には特に重要視される

住宅動向系の経済指標は数多いが、大きくわけて

「新築住宅販売件数」

「住宅着工件数・建設許可件数」

「中古住宅販売件数・中古住宅販売保留」

3種類が注目度的にも市場影響的にも重要ですね

●MT4使えるインジケーター


MACDは移動平均線の次世代指標!(常勝FXすたろん)

 

勝ち続ける負けない心理勝負

f:id:s332k5322ks19741229:20170920190648p:plain

USD-JPYチャート 日足チャート 2017/09/20

f:id:s332k5322ks19741229:20170920190729p:plain

各為替チャート 日足チャート 2017/09/20

●XMの最新ニュース

バブリーな動画ですね(^^)/


XM.COM - 2017 - Grand Gala Shanghai - China

●勝ち続ける負けない心理勝負

負けたら、焦ってしまって取り返そうとしてさらに負ける

話はよくあること・・・

上がるはずなのに下がった?

でもあがるはずだからまた買っておこう!

下がっているうちに・・・というパターンで

また下がった!取り返しのつかないところまで繰り返す

初心者はこの連鎖にはまりやすいですね

勝つと思って裏目に出てしまうパターン

よく考えると・・・

心に余裕がないから負けたくない心理が働き

負けを引き寄せてしまう

1回2回の負けを認める(リスク=必要経費)

トータルで勝つ考えを持つ

例えば・・・

10回トレードしました

上がるか下がるかで50%なので

単純に5回まで外れてもいいわけで・・・

プラスマイナスゼロ

確率なので勝つと思っても負けるのが現実これを受け止めて

投資して負けた時、資産を増やす必要経費と考えことが大事ですね

●MT4使えるインジケーター


最強!?オシレ-ター系『CCI』(常勝FXすたろん)

●経済指標の話

住宅着工件数

重要度★★★☆☆

発表日 中旬

発表機関 商務省センサス局

新設住宅の着工件数は景気に大きく関連

実際に建設が開始された公共住宅を除いた新設住宅の件数

天候に左右されやすく、月次が大きく変動するので

注意が必要です。また、家電・家具の購入など消費あたえる

影響も大きい

景気動向に密接な関係をもち金融政策にも影響

建設許可件数

重要度 ★★★☆☆

発表日 中旬

発表機関 商務省センサス局

着工前のため先行性がある

住宅の着工前に申請が必要な地域で許可された件数

高確率で着工されるため先行指標

住宅着工件数と同時に発表される

 

 

FXでどこで買ってどこで売るか・・・

f:id:s332k5322ks19741229:20170525042331p:plain

USD-JPYチャート 日足チャート 2017/05/25

f:id:s332k5322ks19741229:20170525042353p:plain

USD-JPYチャート 1時間足チャート 2017/05/25

f:id:s332k5322ks19741229:20170525042406p:plain

USD-JPYチャート 各足チャート 2017/05/25

●XMの最新ニュース

 


FXニュース 2017年05月24日 中国格下げで豪ドル下落、OPEC会合控え原油価格上昇

●FXでどこで買ってどこで売るか・・・

たぶん、初心者の方はとても悩んでいると思う!

自分も始めて間もないころは・・・

  1. いろいろなテクニカルの勉強
  2. いろいろなファンダメンタルズの勉強
  3. いろいろな手法の勉強

上記のこのいろいろがクセもの!!特にテクニカル・手法(>_<)

いろいろするからなぜ負けるのかがわからない!!

お金を投資しては負けて、勝ったから調子のってまた負けて

お金を増やすことを忘れてトレードすることが目的になって

目標ももたず損切りも考えていないで投資をして(>_<)

お金がなくなるまでバカな(無茶なトレード)をして

目標がないから儲かっていてもまだ上がるまだ上がると

欲がでてなかなか売れずに変なところで利益確定をする

逆に損してもここから戻るだろう戻るだろうとずっと持ち続けて

最後には証拠金がなくなり資金をゼロにしてしまうことの

繰り返し繰り返し・・・(>_<)

大事なことは!!

  1. 勉強も大事であるがトレードするときは関係ない。いくらテクニカル・ファンダメンタル・手法を勉強してもダメ!ちゃんといくら儲かったら売って、いくら損したら損切りをすることを設定してトレードする。
  2. 設定したことを守り(ルール)これからまだ上がりそう・こらから戻りそうと思ってもちゃんと決済する。
  3. この1回のトレードを分析しないとダメ!!トレードしたチャートは保存をする、ここで注意したいのがどの判断でトレードに参加したかとのこと
  4. なんでもいいのでテクニカルを1つでもいいし複数入れたテクニカルでもいいのでこれでずっとやっていくと決める。手法も同じ!!(ルール)を守ること絶対くずさないように!!
  5. この自分で決めたルールを守ってトレードしていけば見えてくる!!自分で決めたルールのプロになる。例えば・・・初めて自転車に乗ったときは必ず転んでいると思います(なかには乗れてしまう子供もいるかも・・・)何回も何回も自転車に乗って転ばなくなりますよね!
  6. 例えば・・・スキー場ですべるとき何をつかうか?スキー板、ボード、そり、自転車etc・・・別になんでもいいと思います極めれば何でも滑ることができると思います。FXも同じで極めてください自分の作ったルールで!!

●MT4使えるインジケーター!!


【Mouteki...】凄いインジケーターを見つけました!!(常勝FXすたろん)

●これからの時代ビットコインのすすめ!


ホリエモンのQ&A vol.246〜ビットコインに乗り遅れるな!!〜


ビットコインの仕組み

ビットコインで何ができるのか
ビットコインでできる事は、通常の通貨と同じです。ビットコインを用いれば、個人間、企業間を問わず、物やサービスの対価として支払いを実行できます。

つまり、ビットコインは仮想であるというだけで、通常の通貨と同じように使えるお金の一種だと言えます。

円やドルのような通貨と違う事としては、ビットコインでの支払いは電子的に行う必要があるという事です。現物の紙幣や硬貨がない仮想通貨なので、当然の事です。

ビットコインでは電子的に決済を行うため、インターネット経由で送金することが容易にできます。遠く離れた相手にでも、あるいは目の前にいる人にでも、短時間でビットコインを送金できるのです。

円やドルとの決定的な違い
円やドルと全く同じような通貨であれば、わざわざ新しい通貨を作る必要性はありません。ビットコインは、他の通貨と比較して何が決定的に違うのでしょうか。

最大の違いは、通貨を管理する「中央銀行」が存在しない、ということです。ビットコインには、発行を司る組織や流通を管理する組織が存在しないのです。

ビットコインは、国家や企業が運営している仮想通貨ではありません。円やドルと同じような通貨なのに、どこの国も、企業も、ビットコインの発行・流通には関与していないのです。この非常識が概念が、ビットコインの最大の特徴です。

ビットコインは誰が管理しているの?
国家や企業が管理していない通貨と述べましたが、それでは一体誰がビットコインを発行し、流通を管理しているのでしょうか。

常識的に考えれば、誰も管理していない通貨など、リスクの塊でしかありません。誰かが勝手に通貨を大量に発行してその通貨の大金持ちになることができてしまえば、通貨の信用は失われます。そんな不安定な通貨は流通しませんし、誰も価値を見出しません。

ビットコインは、中央での管理を行わない代わりに、コンピューターのネットワークを利用して通貨を管理する仕組みとなっています。

ビットコインにおける新しい通貨の発行や、取引の詳細情報は、そのすべてがコンピューターネットワーク上に分散されて、保存される仕組みです。ビットコインで行われたすべての取引記録を記載した、1つの大きな取引台帳が存在しているとイメージしてください。

この可視化された記録のおかげで、通貨の偽造や二重払いなどを防止することができます。すべての記録は残りますが、その記録に個人情報は含まれません。記録はあくまでも、ビットコインの流通の整合性を保証するために存在するのです。

1つの大きな取引台帳を特定の組織が管理していたら、これまでの通貨と同じです。ビットコインは、特定の組織の元にではなく、分散されたコンピューターのネットワーク上にその1つの大きな取引台帳を置くことで、中央管理を不要とする仕組みなのです。

取引の整合性を保証するための1つの大きな取引台帳なのに、そのデータが分散されてて保存されていたら、取引記録に不整合が発生してしまいそうです。

しかし、ビットコインはこの解決策を生み出したために、今日に至る広がりをみせています。

●経済指標の話

中古住宅販売件数

重要度 ★★★★☆

発表日 下旬

発表機関 全米不動産協会

景気と関連深く先行性が高い

中古住宅のうち所有権の移転が完了したもの

季節・天候の影響も受けやすい!!

予想と違った結果が出やすい傾向にある

中古住宅販売保留

重要度 ★★★★☆

発表日 10日頃

発表機関 全米不動産協会

所有権移転完了前のもの

中古住宅のうち契約は成立しているが所有権の

移転が完了していないものを示す

高い確率で所有権の移転が行われるため

先行指標となる!!

予想と違った結果が出やすい傾向にある

相場を動かすキッカケとして使われやすい

 

自分のトレードスタイルはお決まりですか?

f:id:s332k5322ks19741229:20170522113549p:plain

USD-JPYチャート 日足チャート 2017/05/22

f:id:s332k5322ks19741229:20170522113602p:plain

USD-JPYチャート 1時間足チャート 2017/05/22

f:id:s332k5322ks19741229:20170522113613p:plain

USD-JPYチャート 各足チャート 2017/05/22

●XMの最新ニュース


FXニュース 2017年05月19日 米ドルは今週を下落して終える方向に、原油価格は3週間ぶり高値

先週のFXのおさらい!!

●自分のトレードスタイルはお決まりですか・・・

トレードスタイルは大きくわけて5つ!!

スキャルピング

1回の取引で数秒~数十秒で繰り返し値幅を狙うスタイル

5~10ピップスを狙うので投資金額は大きめにして取引

基本、反射神経が必要!!常時プライスを見るので大変かな

デイトレード

1回の取引をその日のうち終了させて、基本的には翌日に

持ち越さないスタイル

売買はテクニカル分析を中心にファンダメンタルズも考えながら

スイングトレード

中期トレンドを狙ってポジションを持つ感じ・・・

1回の取引で数日~数週間にわたるスタイル

値動きが大きく動くのでデイトレードよりは

少ない投資で取引した方がいいかな

ポジショントレード

スイングトレードをさらに延長したスタイル!!

大きな長期トレンドに沿って順張り(相場の方向で買う)

値動きがさらに大きく動くのでスイングより

少ない投資で取引した方が間違いないですね(^O^)/

スワップトレード

スワップを目的とした投資はやらない方がいいかも

できないことはないがおすすめはしません!!

●MT4使えるインジケーター!!


『N4 TF HAS Bar』平均足が好きな人は必見!(常勝FXすたろん)

平均足が好きな人は必見です!!

●FXじゃないけど(>_<)ビットコインのすすめ!


『ビットコインはbitFlyer~世界は回る編~』 (30秒)

ビットコインを使うメリット

国家や企業が関与していないので、例えば個人間の送金においては、次のようなメリットが存在します。

個人間で文字通り「直接」送金できる
手数料が無料か格安
監視や制限が存在しない
1. 個人間で文字通り「直接」送金ができる
一般的な通貨で送金を行う際には、銀行などを仲介する必要があります。しかし、ビットコインの場合には、個人間が直接支払うことができます。ビットコインを使うメリットとして、直接会って財布からお金を出して支払うのと同じように、ビットコインを使えば直接相手にお金を支払うことができるのです。

2. 手数料が無料か格安
仲介する組織が存在しないので、基本的には手数料を払う必要がありません。これは個人間の少額な支払いにおいては、非常に重要な特徴です。銀行送金でも、クレジットカード支払いでも、一定の手数料が存在します。そのため、少額の商品の売買が難しくなったり、ビジネスの利益率が下がったりします。
ビットコインは、その最大のメリットとも言える直接送金のしくみのおかげで、従来の手数料の概念を覆した決済を実現するのです。

3. 制限が存在しない
ビットコインでの決済は銀行を経由した決済では無いので、煩わしい手続きや制限が存在しません。お金の流通が、より自由に行えるようになります。
また国によって通貨の単位が異なるといった特徴もありませんので、ビットコインを使えば、世界中で同じ通貨が利用できるというメリットがあります。そのためにはもっとビットコインが広まって、ビットコインでの支払いを受け付けるお店が増える必要がありますが、いまでもすでにビットコインでの決済が可能なお店は世界中に存在します。

ビットコインはどこに保存されているのか
ビットコインには、ウォレット(財布)という概念があります。これは、円やドルの例で言えば、銀行口座にあたるものです。

ビットコインを利用するすべての人はウォレットを持ち、そこにビットコインを保存し、決済に利用します。つまり、ビットコインを使いたい人は全員、ウォレットを作成する必要があります。

個人に割り振られるメールアドレスのようなものです。実際には、長い文字列でウォレット ID が表現されます。

そのままでは覚えにくいため、個人間送金が難しくなります。そこで、一般的には ID を短縮したコードを用いたり、スマートフォンで読み取れる QR コードに変換したりして、交換します。

ビットコインの課題
もちろん、円やドルでの決済がそうであるように、ビットコインでの決済でも、双方がビットコインによる支払いを受け付けている事が必須となります。ビットコインという通貨が「通じる」間柄でなければ、決済はできないのです。

円やドルと違ってまだまだ普及の初期段階にあるビットコインにおいて、これは非常に大きな課題です。

●経済指標の話

生産者物価指数(PPI)

重要度 ★★★☆☆

発表日 中旬

発表機関 労働省労働統計局

インフレの動向を見る指標

国内販売者業者の販売価格の調査結果!!

海外からの輸入品は対象外ですね

消費者物価指数と密接した相関関係

インフレ動向を見るために重要です

季節要因を受けやすく価格の変わりやすい

食料品とエネルギーを除いた「コア指数」が特に重要視される

注目度はそこそこで高くない指標かな

【テクニカル&ファンダメンタルズ】分析どちらも大事

f:id:s332k5322ks19741229:20170516064443p:plain

USD-JPYチャート 日足チャート 2017/05/16

f:id:s332k5322ks19741229:20170516064459p:plain

USD-JPYチャート 1時間足チャート 2017/05/16

f:id:s332k5322ks19741229:20170516064510p:plain

USD-JPYチャート 各足チャート 2017/05/16

●XMの最新ニュース


FXニュース 2017年05月15日 米ドル下落、OPEC減産合意延長への期待で原油価格急騰

●テクニカル&ファンダメンタルズどちらも大事

テクニカル分析

テクニカル分析で導くもの
 テクニカル分析では具体的に何を分析した結果に導き出すのでしょうか?

 それは、主に下の4つが上げられます。

1.現在の相場のトレンド傾向を探る
2.現在のトレンドの強さを探る
3.相場が上昇や下降時に転換点を探る
4.値頃感・相場の変動幅(売られすぎ買われすぎなど)を探る
1.現在の相場のトレンド傾向を探る

 「現在の相場が上昇中の局面なのか?」または「下降中の局面なのか?」と言うトレンドを見ます。

 トレンド分析の基礎を参照ください。

2.現在のトレンドの強さを探る

 例えば1.で上昇トレンドだと判定した場合に、その上昇トレンドの強さを探ります。

 「強いトレンドほど相場が反転しにくい」と言うのが一般的な見方で、上昇トレンドの場合は下落トレンドへと転換しにくいと言えます。

3.相場が上昇や下降時に転換点を探る

 1で発生したトレンドが反転する時期やレート(値段)を探ります。

4.値ごろ感・相場の変動幅(売られすぎ買われすぎなど)を探る

 相場の行き過ぎを探ります。

 「売りなら売り」「買いなら買い」と言うように一方的に進んだ相場、「売られすぎ」「買われすぎ」の相場の過熱しすぎている状態を探ります。

テクニカル分析の実行方法
 テクニカル分析を行う方法は大きく分けて2通り有ります。

1.チャートに描写した内容を人間の目で判断
2.コンピューターで自動的に判断
1.チャートに描写した内容を人間の目で判断

 インジケーターによって示されるデータや、チャート上に引いたラインなどを用いて示されている状態を、人間の目で確認し判断を行います。

 特徴としては、コンピューターでは認識できない内容や、システムを構築する事が困難だった内容を読み取り、相場予想を行う事ができます。

 しかしながら、人間による分析になるため、体調や精神状態の影響を受けやすいと言うデメリットが有ります。

2.コンピューターで自動的に判断

 コンピューターで予め設定してあるプログラミングに基づいた分析を行います。

 特徴としては、人間による分析では無いため、判断にブレが生じないと言うメリットが有ります。

 しかしながら、「想定外の動きを相場が見せた場合には、その動きに対応できない」と言うデメリットが有ります。

テクニカル分析の盲点
 テクニカル分析は「有益な相場分析方法」だと考えられており、世界中で非常に多くのトレーダーにより使われている相場分析の方法です。

 しかし、その一方で、多くの経済学者や金融工学者は「根拠が無く科学的に証明できない」としており、テクニカル分析を否定しています。

 テクニカル分析方法は多くのトレーダーにより行われているため、多くの分析の方法が有ります。

 そのため、1つの分析方法が過去に沢山の相場展開を的中させていたとしても、「それが未来の相場予想として使えるのか?」と言う事が全くの未知数だからです。

 また、同じ分析方法でも、数値を変更するだけで、まるで相場を常に的中させてきたように錯覚させる事もできるため、「後付の相場予想だと」否定する方もいます。

テクニカル分析の弱点
 テクニカル分析は、過去に起こった値動きや相場の展開から、これから起こるであろう値動きを予想する方法です。

 つまり、相場が急展開な動きを見せ、過去に起こった事の無いような異常相場がきた場合に、想定されていない値動きに対して非常に極端な数値を示したり、計算が全て外れてしまうと言った弱点が有ります。

 もちろん、そのような相場に対しての対応がされている場合も有りますが、現在のところではテクニカル分析で100%的中すると言う相場分析方法はまだ発見されていません。

 

ファンダメンタルズの分析

ファンダメンタルズ分析

「ファンダメンタルズは為替を動かす要因である」ことから、ファンダメンタルズを分析し、未来の相場がどのように動くかを予想して取引を行っている人達がいます。

 そのようなトレーダー達は「ファンダメンタルズトレーダー」と呼ばれています。

 ファンダメンタルズトレーダーが主に分析するのは、各国で発表されている経済指標やニュースの格差です。

 例えば「日本のファンダメンタルズが悪く、オーストラリアが良い」と言う分析結果が得られたとします。しかし、二国間の通貨、オーストラリアドルと円の関係で「日本の円がオーストラリアドルに対して買われすぎている状態でした」。

 その場合に、将来的に為替相場がファンダメンタルズを反映して「円が売られるのではないか?」と考え、「円売りオーストラリアドル買い」で取引を行います。

 つまりは、二カ国のファンダメンタルズの格差を見つけて将来にファンダメンタルズが良好な方へと相場が動くと言う考え方で取引を行います。

 正し、実際のファンダメンタルズ分析は他国の経済状態や、ニュース、季節的要因なども盛り込んで行われる場合が多く、人によっては非常に複雑な分析を行っています。

 また、「ファンダメンタルズ分析」とは対照的に、チャートや過去の値動きなどを分析し未来の相場を予想し取引を行う事を「テクニカル分析」と言い、テクニカル分析を元に取引を行うトレーダーの人達を「テクニカルトレーダー」と呼びます。

ファンダメンタルズの使われ方
 一般トレーダーの間では、ファンダメンタルズを略して「ファンダ」などと短縮した呼び方を聞きます。

 例えば「日本はファンダ的に強いな」と言われると、「日本の経済状態的に良いんだな」と言った意味合いになります。

 他には、財務大臣などから「現在の為替相場は日本のファンダメンタルズを反映していない」と言う発言が聞かれた場合には、「日本の為替相場が日本の経済状態を反映していない」と言う状態をさしています。

 つまりは、「日本の経済状態以上に円が買われすぎている」もしくは「日本の経済状態以上に円が売られすぎている」と言う意味になります。

ファンダメンタルズの弱点
 ファンダメンタルズの弱点としては、最新のニュースを手に入れるまでに個人投資家はどうしても時間がかかってしまい、ニュースの内容を知るまでにどうしても相場が先に動き出してしまいます。

 そのため、テクニカルトレーダーは「ファンダメンタルズでは遅いので勝てない」と言う人もいます。

 また、あるニュースがファンダメンタルズ分析では売り材料であったとしても売られない場合もあります。その場合には、「既に為替相場がそのファンダメンタルズ要因を既に織り込んでいる」と考えられるため注意が必要です。

●MT4使えるインジケーター!!


【MT4カスタム】これ最強じゃね!?他はもう要らないかも!(常勝FXすたろん)

MT4初期の時は日本時間で表示していないので

このインジケーターをダウンロードすれば見やすい

チャートになりますので使ってみては・・・

●FXじゃないけど(>_<)ビットコインのすすめ!


ビットコインは世界共通の通貨!日本最大手ビットフライヤーbitFlyer~ダヴィンチ編 テレビCM

ビットコイン電子マネー

電子マネーとは
仮想通貨と似たような概念として、電子マネーというものが存在します。ビットコインを説明する上でよく登場する言葉です。これらを混同していると理解の妨げになりますので、整理しておきます。

電子マネーとは、紙幣や硬貨を使わないで、電子的に(=データのやりとりで)決済を実現する手段の事です。オンラインで決済を実行するタイプもあれば、最近主力になりつつある非接触型の決済方法もあります。電車に乗るときや、コンビニでの支払いに利用するものです。

すでに日常生活に浸透しつつあるしくみですので、多くの方が実際に利用したことのあるものだと思います。小銭を財布から出す手間もかからず、非常に便利です。

ビットコインも、電子マネーとして使える特徴を持っています。そもそもビットコインは紙幣や硬貨が存在しない仮想通貨なので、電子マネーとして使えるのは当然のことです。

ではビットコイン電子マネーなのか
ビットコインを説明する際に、電子マネーであると説明するのは強引です。

現在一般的に利用されている電子マネーは、基本的にはその地域で使われている通貨を使って電子的に決済を行うために存在しています。

日本国内の例であれば、円での支払いをより便利にするために、円の紙幣や硬貨の代わりとして電子マネーが活躍します。そのため、利用者は所有する円を電子マネーの端末に入金したり、あるいは電子マネーでの支払いの際に利用される銀行口座にお金を入れておくことになります。

紙幣や硬貨を利用せず、電子的に決済を実現していますが、実態としては円という通貨をやりとりしていることには変わりありません。

ビットコインは、何らかの端末に円をチャージするというものではありません。

ビットコインを利用して商品を購入する際には、まず手持ちの円という通貨をビットコインという通貨に両替しなくてはなりません。円をビットコインに両替してはじめて、ビットコインでの支払いが実行できるのです。

両替をしたその後の支払いの流れは、一般的な電子マネーと同様です。ビットコインでの支払いを受け付けているお店で、電子的にビットコインでの決済を実行します。すると、自分の所有しているビットコインが減り、お店の所有しているビットコインが増えます。

ビットコインは、通貨です。円やドルと違って仮想ではありますが、通貨です。電子マネーとは、貨幣を使わないで決済できるようにするしくみのことです。仮想通貨=電子マネー、ではありません。

●経済指標の話

消費者物価指数(CPI)

重要度 ★★★★☆

発表日 中旬

発表機関 労働省労働統計局

インフレ系最重要指標

金利と深い関係があるため、常に高い注目度を誇るが・・・

2008年の金融危機で注目度は少しさがった感じ!!

小売り・サービス価格の調査結果

物価の水準を測定したもの

生活コスト指数の代わりとして用いられる(^O^)/

インフレ系最重要指標のうちのひとつです

インフレは金利水準との関係が深いため、金融政策のも

大きな影響を与える

季節要因を受けやすく

価格の変わりやすい食料品・エネルギーを除いた

コア指数が特に重要視されるとのこと・・・

FXで大損する人たちの行動5つのパターン

f:id:s332k5322ks19741229:20170514104219p:plain

USD-JPYチャート 日足チャート 2017/05/12

f:id:s332k5322ks19741229:20170514104246p:plain

USD-JPYチャート 1時間足チャート 2017/05/12

f:id:s332k5322ks19741229:20170514104349p:plain

USD-JPYチャート 各時間足チャート 2017/05/12

 

●XMの最新ニュース


FXニュース 2017年05月12日 ドル円の114円台割れ継続、米経済指標結果とFOMCメンバーの発言に注目

●FXで大損する人たちの行動パターン

1.ポジポジ病

ポジションを持ってないと落ち着かない

ダメな例としてよく挙げられる「ポジポジ病」。
ポジションを持っていないと落ち着かなくなり、無駄なポジションを積み重ねてしまうこと。
心当たりのある人は要注意です。

●相場が動いていると、トレードしないと損!って思ってしまう

ポジポジ病の原因は人それぞれですが、主に、以下のようなことが考えられます。

稼ぎたい気持ちが強すぎる
慎重さが足りない
根拠のない自信
トレード中毒

●投資で損失を抱えてしまった人ほど、損失を取り戻そうとより取引を重ねてしまう

●買う、売る以外にも"動かない"という事も大切な投資戦略の一つ

●ポジションを保有するということは、資金を増やす機会を持っていると同時に資金を減らす機会も持っているということを本当に強く理解すべきです。

2.勝つと調子に乗ってしまう

他人より相場を見通せるという勘違い

勝ちが続いている時も要注意!
自分が他人よりも相場を見通す力を持っていると、自信過剰になってしまいがちです。

●連勝が続いたり、自分の思い通りに相場が動くと、人間というのは都合の良いもので「自分は投資の才能があるのではないか」と思ってしまいます。

●読みが当たる→調子に乗る→ご想像通りの結果

●『勝って兜の緒を締めよ』とはまさにFXの為の言葉

●うぬぼれは破滅の元 FX運用は謙虚に徹する
見栄を捨てる 目先の運用成績にこだわらない強さを作る

3.損切りできない

もう少し…という気持ちが大損のもと

FXの鉄則は損小利大。損切りロスカット)は早めにすべき、とわかってはいるのですが…

●「せめて半値まで戻ってくれ」
「できれば建値まで戻ってくれ」
「もう少し待っていれば、また流れが変わるだろ」

塩漬けポジションになってしまいます

●「損切りの重要性は頭では分かっていても、いざとなると実行できない」という人が多い

●人間は儲かった時の喜びよりも損した時の悲しみが大きいため、どうしても利益確定は早く、損切りは遅くなる。

●FXで損切りできないことは最大のリスク

4.値ごろ感でトレードしてしまう

なんとなくイケそうだ、が危険

「もう十分に下がっただろう」「上昇しすぎたからそろそろ調整が入るハズだ」といった気持ちでトレードしてはいけません。

●FXの失敗パターンとして、多いのがコレじゃないかな?「自分の値頃感」で取引するようになる。

逆張りで負けているトレーダーの特徴として、値ごろ感でエントリーしてしまうということがありますが、相場では値ごろ感のエントリーは命取りです。

●相場の格言に「値ごろ商いは怪我のもと」という格言があるくらい、値ごろ感トレードは危険

●勝てるデイトレーダーの話を聞くと、
やはりちゃんとサインが出ているかどうかを重視している人が圧倒的で、値ごろ感で売買する人なんて皆無です。

5.自分に都合のよい見方ばかりする

自分の見たいようにしか見ない

ポジションを持っているとき、あるいは持とうと考えているとき、自分を安心させるために、自分の考えを支持する色々な材料を集めます。
でも、そこにはバイアスがかかっていることを充分認識するべきです。

●人間というのは、どうしても自分と同じ意見を探してしまいがち

●人間は先入観を持って情報を集めると、
その先入観を肯定する情報ばかり集めてしまう傾向があります。

●つまり、自分がロングポジション(買いポジション)にしていると、買い材料を探そうとします。ファンダメンタルズ要因だけでなく、テクニカル要因においてもです。一方、自分がショートポジション(売りポジション)にしていると、売り材料を探そうとします。

●勝てない投資家の心理について「常に自分に都合のいい解釈をして、判断ミスを認められない」と分析

●MT4スクリーンショットの保存とても便利です!


『FX』MT4のスクリーンを一瞬で簡単に保存する方法!(常勝FXすたろん)

自分が使っているソフトです。とても便利で手放せないですね!!

保存対象は・・・

  • チャート限定
  • MT4全体
  • モニター全体

●FXじゃないけど(>_<)ビットコインのすすめ!

ビットコインとは仮想の通貨

仮想の通貨とは
ビットコインとは何か、ひとことで言えば「仮想通貨」です。「仮想」の「通貨」です。まず、「通貨」ということからも、「コイン」ということからも分かる通り、ビットコインはお金です。円やドルというように、「お金」であることには変わりありません。「お金」なので、円やドルのように通貨の単位が存在します。ビットコインの単位は、BTC(ビーティーシー) と表記されます。1円や1ドルのように、1BTC(1ビットコイン)と、数えることができます。

しかし、「仮想」ということから分かる通り、円やドルとは違って、手にとって目に見える姿形が存在しません。大きく「B」と書いてあるコインが存在するわけではないのです。ビットコインは、「仮想」の「通貨」です。

一般的な仮想通貨の例
仮想通貨としてイメージしやすいのは、オンラインゲーム内の通貨です。円やドルを支払って、ゲーム内で使われている通貨を手に入れれば、そのゲーム内で使われている通貨が「使える」ゲーム内のお店で、アイテムを買うことができます。ゲーム内でのみ使える、仮想の通貨です。

他にも、特定の Web サイトでのみで使える仮想通貨も存在します。利用登録の際に1,000円で1,000ポイントを購入し、その1,000ポイントで有料サービスを購入するというしくみを利用している Web サイトが存在します。そのポイントが「使える」Web サイト内でのみ有効な、仮想の通貨です。

ビットコインも似ています。ビットコインを手に入れることができれば、ビットコインが「使える」所で物やサービスを買うことができます。

ビットコインは何が違うのか
先の例で紹介したような仮想通貨とビットコインは、何が違うのでしょうか。実は、存在している理由が全く違うのです。

特定のゲームや Web サイト内でのみ使える仮想通貨は、企業単位で作られており、利用者を囲い込むことによって仮想通貨の運営主体(=ゲームや Web サイトの運営会社)が利益を上げることを目標としています。

一方のビットコインは、国家単位で運営されている円やドルと同じく、経済活動を円滑に進めるために作られた仮想通貨なのです。

ビットコインは、世界中で日常生活に「使える」ようにすることを目指して作られています。仮想の通貨なので紙幣や硬貨は存在しませんが、代わりにパソコンやスマートフォンをお財布代わりにして、物の売買が実現できるようにつくられています。

まだまだ発展途上ではありますが、円やドル以上に利便性が高く、安定し、世界中で利用できる次世代の通貨をめざして作られた仮想通貨なのです。

●経済指標の話

雇用統計

重要度 ★★★★★

発表日 第1金曜日

発表機関 労働省労働統計局

発表日の為替市場はお祭り騒ぎに・・・

雇用統計のなかで、特に注目すべきは

非農業部門雇用者数と失業率

その他にも週平均労働時間や時間当たりの平均賃金なども注目

予想とのブレが大きいこともあり、サプライズが起こりやすい指標

為替相場を最も大きく動かす経済指標

毎月恒例のビックイベント

●米国非農業部門雇用者数

非農業部門の民間企業で支払われた給料を基準に集計

経営者や自営業は除外され、2か所以上に勤めているものは

重複してカウントされる

パートタイムとフルタイムの区別はなく

調査時に仕事についていれば数に含まれる

雇用者数は景気が後退すると減少し

不景気の終わりかその少し後に回復しやすい!!

●米国失業率

失業者の占める割合

失業者÷労働人口×100=失業率

米国の場合は16歳以上の全人口(軍務就業者を除く)労働人口

性別や人種別、年齢別、様々な失業率が発表される

FXの基本用語のお話!!その2

f:id:s332k5322ks19741229:20170427105703p:plain

スワップ金利

通貨間の金利差から生じる損益

通貨ペアの国例えば・・・

日本の金利 0.6%

オーストラリアの金利 5%

毎日この差額がスワップ金利として

もらえる(その逆もあり)

5.5%

もし、オーストラリアのレートが60円の時

1万ドルの運用で1日・・・

60円×1万×5.5%÷365日=90円もらえる

なので少ない投資で始める際は

おまり意識しなくてもいいですね(^O^)/

スプレット

買いの値段と売りの値段が違う!!

この差をスプレットと呼びます(^O^)/

トレードするとき(ポジションを持つとき)

この差額分がマイナスからトレードしますので

手数料と思えばわかりやすいと思います!

今は、スプレット0で取引できる会社もあり

前にくらべてやりやすいですね(#^.^#)

FXの価格変動の要因

いろいろたくさんあるりますが

要因とされがちな事柄を

教えていきますね(^O^)/

  • 金利の変動
  • 要人発言(日銀総裁FRB議長・ECB総裁)etc...
  • 経済指標(市場の予想あり)良かったか悪かったか?
  • 戦争&テロ
  • 株価の変動